高く買い取ってもらえる切手はどんな切手?

1960年から1980年にかけては切手ブームと言われており、この時代に集めていた人も、今では収納の奥にしまい込んだままで、そのままにしているケースも有りますが、買取を依頼する場合、市場に多く出回っているものについては額面を下回ることが多いのですが、市場に多く出回っているものでも、シート単位のものなどは単品と比較をすると高く売ることが出来ます。

また、記念切手や特殊切手は、予め発行枚数が定められて販売が行われているのが特徴で、発行枚数が少ないものなどの場合は希少性が高いことからも高く売ることが出来ますし、発行されたのがブーム前の場合などの場合は、高く買取をして貰える事も在ります。

一般的には、切手ブームが起きる以前のものが買取において高く売れると言われているのですが、これは発行枚数が比較的少ない事、古い時代に販売が行われているため、現存している数がすくないため希少性が高い事からも高く評価されると言う事です。

因みに、切手の四隅にはギザギザの目打ちとよばれるものが有りますが、目打ちの状態が綺麗なものほど高く買取をして貰えますし、シート単位のものは切り離されていないため、目打ち自体がそのままの状態になっているため高く評価されやすいと言う特徴も有ります。

尚、シリーズ物などの場合は全てのシリーズが揃っていて、しかもシートになっている事で評価を高められますし、裏面の糊がそのままの状態になっていて、裏面などが日焼けしていないものなどは評価を高めることが出来ます。

但し、古い時代の切手の中には裏面に糊がついていないタイプも在り、古い時代の切手は希少性が高いため、多少の日焼けが有っても発行枚数が少ないものについては高額で買取りが行われることも有ります。

尚、切手の買取を依頼する時は、ストックブックに入れられている場合は、そのまま買取りのお店に持ち込む事で、バラバラの状態で持ち込むよりも査定評価を高められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>